理事長 河村恭輔

 

ーご挨拶

 

昭和53年に八幡西区相生町で河村内科医院を開業し、42年間地元に密着したかかりつけ医としてここまでこれたのは、偏に地域の皆様のおかげです。今後息子の代に継承し、可能な限りサポートしていきたいと考えています。このコロナ禍に移転開院となりますが、新しい河村内科の出発を少しでも支えていきたいと思います。

 

経歴

 

福岡県立明善高校  卒業

九州大学医学部 卒業

九州厚生年金(現JCHO病院)勤務

河村内科医院 開業

 


院長 河村大輔

 

大学卒業後は久留米大学病院外科にて、消化器外科一般(胃、大腸、食道、肝胆膵)、心臓外科、乳腺外科などの治療、管理を学びました。

健和会大手町病院では内科医として約10年間、消化器内科(食道・胃・十二指腸・大腸)・肝胆膵を中心に胃内視鏡検査・大腸内視鏡検査、ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)ERCP(内視鏡的逆行性胆道膵管造影検査)や超音波検査(腹部、心臓、血管)など多くの経験を積んできました。

 また総合内科医として急性期治療、肺炎、ウイルス、細菌などの様々な感染症や心不全など高齢化社会に対応する初期治療や管理を行い、認知症や社会背景からくる様々な生活や精神面での対応に携わってきました。

 今後、父の教えである『患者さんのために』を同じくモットーとして地域の皆様の健康のお役に立てる医院を目指し、励んでいきたいと思います。

 

 

経歴 

 

福岡県立東筑高校 卒業

久留米大学医学部 卒業

久留米大学病院 外科入局

健和会大手町病院 消化器内科部長

 

所属学会

 

日本内科学会

日本消化器科学会

内視鏡学会